環境ホルモン

環境ホルモンは肌から吸収される?

 

環境中に排出された人口化学物質のある種のものは超微量で生物の体内に入るとホルモンと同じような作用をして生体システムを混乱させます

 

細胞はホルモンと勘違いして反応してしまうのです
これらをホルモンかく乱物質とよびます

 

内分泌攪乱物質は、「内分泌系に影響を及ぼすことにより、生体に障害や有害な影響を引き起こす外因性の化学物質」と定義されています通称として「環境ホルモン」ともいわれています

 

 

化粧品には7000種類の原料が使われています

 

環境ホルモンは肌からどんどん吸収されます

 

理由は化粧品に界面活性剤が配合されているからです

 

界面活性剤が入って売る化粧品はしっとりなじみがよいのですが、成分が肌に浸透しているのです

 

皮脂膜を溶かし、破壊し、毛穴を通貨してホルモン成分は真皮や皮下組織に浸透し、毛細血管から全身に回ります

 

界面活性剤いいり化粧品、しっとりして使いやすいのですが、それが肌を傷つけ、シミ、ソバカス、ニキビ、皮膚炎、シワの原因になります。」

 

合成界面活性剤、防腐剤等は真皮まで入るとその毒性で基底層のメラニン細胞を刺激しシミ、ソバカスを作らせてしまいます。
そして皮脂膜、角質層は異物の侵入を防げずに、水分の保持もできなくなって乾燥肌になってしまうのです

 

環境ホルモンの成分

 

BHA ブチルヒドロキシアソニール
フタル酸エステル
フェニルフェレール

 

 

ほかにも石油系界面活性剤の成分はたくさんあります

 

界面活性剤は一度入ると体内に残り続けるから使わないのが一番です

 

 

界面活性剤不使用化粧品おすすめはここから