石油系界面活性剤

石油系界面活性剤はなぜ危険なのか?

 

 

 

界面活性剤は決して悪いものではありません。界面活性剤で問題なのはその種類なのです

 

界面活性剤には自然界に存在するものもあれば、合成されたものなど実に多くあり、
その用途により多くの異なる性質を持ったものが開発されています。

 

それぞれメリットとデメリットがありますが自然界に存在するものは、安全性が高いものの機能性は劣ることが多いです。

 

一方合成されたものの多くは機能性が高く自然界に存在する界面活性剤よりもはるかに水と油が混ざった状態を長時間安定させる働きがあるのです。

 

そのため食品や医薬品、医薬部外品、化粧品には合成の界面活性剤がよく使われます。

 

ところが合成の界面活性剤の中には肌に残留しやすい性質を持ったものがあります。

 

顔や手、体を洗ったらいつまでたってもぬるぬるした成分が残ることはありませんか?
実はこれは界面活性剤が肌に残ってしまっているのです。

 

 

これが石油系合成界面活性剤です。

 

石油系」界面活性剤はくっつきやすい性質があるため、肌に残留しやすいのです。

 

洗い流しても残りやすいのでそのままにしておくと、ブツブツなどの肌トラブルにつながってしまうことがあります。
それに石油系界面活性剤は肌のバリア機能を弱めたり、タンパク質を変質させたりする危険性があるというのです。

 

またこれが川に流れてヘドロの原因となり魚のエラにつまったり、環境汚染になってしまうのです。

 

 

なので合成でも石油系界面活性剤は使わないことです。
界面活性剤化粧品の怖さを知りたい人はここから

 

 

 

 

石油系界面活性剤不使用化粧品はここから